配送業者の倉庫管理について

通信販売会社の配送のため増える倉庫

大手の通信販売会社が現在右肩上がりで、業績を伸ばしています。本当に便利で、パソコンにて注文すると翌日には製品が届きます。場合によっては当日着などもあるようです。私も読書が好きなので、たくさん本を買っていますが、やはり新品ばかりでは予算的にやりくりが難しく、古本屋にもよく通っています。古本屋で、意外な本と出合うのも本当に楽しいですが、最近ではパソコンで通信販売会社に注文することを覚え、大変重宝しています。

現在、関東地区の高速道路である圏央道もかなり開通区間が増え、交通網が飛躍的に便利になりつつあります。それに伴って、関東郊外に物流倉庫がものすごい勢いで新築されています。埼玉、千葉、神奈川の郊外は従来、トラックの配送ルートの幹線道路は交通渋滞も慢性化していた地域も多かったですが、圏央道が開通すれば、東名高速道路はじめ、中央道、関越道、常磐道などノンストップで通行できますので本当に便利になります。

新しく物流倉庫ができれば、そこに雇用が生まれます。特に最近、大手の通信販売会社が新築した物流倉庫は国内最大といわれているようで、倉庫内で働く作業要員の方、また配送を担当する方を含めると1000名以上の新たな雇用が生まれるようで、地元でも喜んでいるのではと思います。ただし、交通量が増えて困ることもあるかとも思われますがいかがでしょうか。

運輸・配送のコトって実は良く知らない。。

Copyright (C)2017配送業者の倉庫管理について.All rights reserved.